【研修案内】OPI(Oral Proficiency Interview)基礎講座

OPI基礎講座-初級から学習者のことばを引き出そう

ACTFL-OPIという会話能力テストについて聞いたことがありますか?

 「ACTFL-OPI」とは、ACTFL(アクトフル)が開発した外国語の口頭運用能力を測定するためのインタビューテストのことです。ACTFLはThe American Council on the Teaching of Foreign Languages(全米外国語教育協会)という外国語教育についての学会の略称です。そして、「OPI(オーピーアイ)」は”oral proficiency interview”の頭文字です。(日本語OPI研究会HP参照)

 初級レベルは、まだ習っていない表現や語彙が多いから、会話はできなくて当たり前?実は、そんなことはありません。初級レベルからことばを交わし、やりとりを成立させることは可能です。ただ、そうするためには学習者の興味関心のある話題を選んだり、学習者が話しやすいようにYes/No疑問文と5W1H疑問文をうまく使い分けたりと、教師が質問の仕方や対話の流れを工夫することが必要です。OPIのテスター資格取得者である大兼敦子先生と一緒に、初級レベルから学習者のことばを引き出す方法を学び、実践してみましょう。

日程:
※いずれもメキシコ時間(UTC -6)月曜日10:30~12:30(計10時間)

月・日内容
110月30日– オリエンテーション
– OPIって何?
211月6日– OPIのレベルとその特徴
– 評価観点
– テスターとしてすべきこと/してはいけないこと
– 授業に活かせるポイント
311月13日OPIの構成(インタビューパート)
411月20日ロールカードを作ってみよう
511月27日ロールプレイをやってみよう・まとめ

目的:
OPIの技術を日々の授業でどう活かせるかについて考える。

講師:
大兼敦子(コスタリカ日本文化センター / Casa de Idiomas)
佐藤志穂(国際交流基金メキシコ日本文化センター)

言語:
主に日本語
** 資料には適宜スペイン語注釈が入ります。

実施媒体:
Zoom
** ブレイクアウトルームを使った活動がありますので必ずパソコンからご参加ください。

受講料:無料

定員:
15 人
** 定員を上回る応募があった場合、抽選を行います。

参加要件:

  1. メキシコ・中米カリブ地域でゼロ初級~初中級の学習者に教えている現職日本語教師
  2. 日本語を母語としない方はJLPT N3合格相当以上、CEFR/JFスタンダード B1以上の日本語運用能力を有すること
  3. 5回すべてに出席できること(回ごとの単発参加はできません)
  4. 1年以上日本語を教えた経験があること(アシスタント不可)

修了証
発行あり(修了要件は初回オリエンテーション時にご説明いたします。)

お問い合わせ:
国際交流基金メキシコ日本文化センター日本語班
MC_nihongo(at)jpf.go.jp

Total
0
Shares
Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

2 + 14 =

Related Posts
Read More

【参加者募集中】JF海外日本語教師研修[基礎研修](2023-24)報告会 

JF海外日本語教師研修[基礎研修](2023-24)報告会 基礎研修って何? 埼玉県にある国際交流基金日本語国際センターで行われている、海外の日本語教師を対象とした研修です。「基礎研修」は、世界中の若手日本語教師を対象に、日本語運用力の向上を目指すとともに、基礎的な日本語教授法を習得し、また日本の社会や文化を学ぶ目的で行われる6か月間の研修です。 報告会について 今回、この「基礎研修」を2月24日に終了し、帰国した11人の中南米諸国の参加者による、研修報告会を企画しました。日本での研修で学んだことや感じたことを報告していただきます。JFの教師研修プログラム参加にご興味のある方、先輩に直接質問できるチャンスです!皆様のご参加をお待ちしております。 ※本報告会は、参加者の経験をシェアしてもらう目的で行うもので、研修の応募要件や内容などの詳細な説明は行いません。 [日時] 1a sesión: sábado 27 de abril de 2024  ① 2024年4月27日(土)17:00~18:30(メキシコシティ時間 UTC…
Read More

【研修案内-締切済】『まるごと』イントロダクション

@アグアスカリエンテス 本講座では1日=5時間で『まるごと 日本のことばと文化』の使い方のイントロダクションを行います。前半は理論編で、JF日本語教育スタンダードと『まるごと』の関係や『まるごと』のコンセプトについて考えます。後半は実践編で、参加者同士でグループをつくり、ミニ・ワークショップを行います。[かつどう]の授業の一部の行い方を考え、発表してみましょう。 目的:ほかの参加者との協学を通して、JF日本語教育スタンダード準拠『まるごと』のコンセプトを活かした授業案をつくることができる。 スケジュール:2024年2月10日(土)10:00-12:30理論編:JF日本語教育スタンダードと『まるごと』、[かつどう][りかい]の流れ12:30-14:00昼食休憩14:00-16:30実践編:グループで[かつどう]の授業の続きを考えるミニ・ワークショップ 実施形態: 対面とオンラインのハイブリッド形式で実施します。 ■対面 Cendics Mexico S.A. de C.V. Manuel J. Clouthier 201, Fraccionamiento Lomas del Campestre…